ネットカジノで該当する法律は何なのか

ネットカジノの法律

ネットカジノは違法ですが、どのような法律があてはまり
ネットカジノを利用しても逮捕されないのはどうしてななのか?

ライブカジノ スロット カジノゲーム スポーツ メニュー

ネットカジノ摘発 > ネットカジノの法律

賭博罪・刑法185条

ネットカジノは日本の法律では賭博罪に該当します。

賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処せられる

要するに日本にある国や都道府県など公共団体が運営している公営ギャンブル以外の賭け事をするのは賭博罪となり逮捕されることがあります。

よって、ネットカジノも日本国内でプレーしても開帳しても逮捕されるのです。

と言うのが賭博罪なのですが、賭博罪を他のギャンブルで考えると、パチンコやパチスロも賭博罪に該当するのでプレーしても開帳しても逮捕されるのです。

パチンコをして捕まったと言うことを聞いたことが無い様にネットカジノをやって逮捕されることはありません。

ネットカジノ摘発などのニュースで逮捕されてるケースはここで言うネットカジノのことでは無く、ネットカジノを使った違法賭博のことで性質が違うのです。

競馬をやっても当然逮捕されませんが、競馬を使って勝手に開帳するノミ屋では逮捕されます。

これと同様のネットカジノカフェなどで逮捕されるケースがあり、新聞やニュースで騒がれるのはこっちの方です。

そもそも、ここで紹介しているネットカジノは海外にサーバーがあり海外の他国の法律の下で合法的に運営されてるネットカジノだけを紹介しています。

賭博罪とは胴元博徒2者を揃えて検挙しないと成立しない罪です。

賭博は1人では出来ないので2者揃える必要があります。

胴元が海外の法律の下、しかも国際法によって合法的に運営されている以上、日本の法律では取り締まることができません。

胴元を検挙できないので、立件するこが出来ずに日本国内であってもインターネットを使い合法的な国のカジノでプレーしているので捕まえることが出来ないのです。

賭博罪・刑法186条

賭博罪の基本は2者を揃えて捕まえないと成立しないので、2者を揃えないようにすれば捕まらないと言う法の抜け道を使いプレーしているのですが

ネットカジノで捕まる可能性のある遊び方があるので、注意して下さい。

まだ、このケースで捕まったってことは聞いたことがないですが、あり得るケースを紹介しておきます。

ネットカジノは多くのゲームがあります。例えばルーレットをスマホでプレーしていて、横で見ていた友達が次を赤に1万円張ってってあなたに1万円を渡した場合は、賭博罪が成立します。

同様にブックメーカーで海外のG1の凱旋門賞など友達が凱旋門の馬連で3−5、3−8、5−8に3千円ずつ買っといてってあなたに注文した場合、賭博罪が成立します。

他にも巨人阪神戦をとかワールドカップで日本の優勝にとか、色々なケースが考えられます。

他人の賭け事を代わりに買うとかついでに買うなどの行為は競馬のノミ屋と同じような状況になるので危険です。

普通に使えば捕まることはありませんが、特殊な買い方やついついめんどくさいのでって他人に頼んだり頼まれたりするのは2者を揃える行為なので注意して下さい。

賭博罪の186条の重い方の賭博罪に該当するので注意して下さい。

賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処せられる

普通に使っていれば捕まることもないので、友達が買っといてって言って来てもキッパリ断って下さい。

刑法第2条・刑法第3条

ネットカジノを選びの際は必ず運営が海外の合法的に各国政府公認のライセンスを取得していることが重要です。

賭博罪は2者揃えて検挙する必要があるので必ず海外でライセンスを取得しているネットカジノを選んで下さい。

海外旅行でカジノで遊んでも逮捕されないのと同様に海外にサーバーがあることも大切です。

更に安全にするには、支払いも海外の銀行を使い決算するようにしましょう。

海外の銀行は馴染みが無い人が大半でしょうが、ネットカジノをされるであれば、ネッテラーという海外口座が最も有名で使いやすいと思います。

ネッテラーを利用することで、海外で運営されてるネットカジノで海外のサーバーを使い海外の銀行で海外で決算することになるのでより安全にネットカジノで遊ぶことが出来ます。
次のページへ・・・ネッテラー口座開設方法
ライブカジノ スロット カジノゲーム スポーツ メニュー
Copyright (C) 2015〜 ネットカジノ摘発ドットコム All Rights Reserved.